日本で未承認の薬|ED治療薬を徹底比較!レビトラVSバイアグラVSシアリス

日本で未承認の薬

pink pills

ここまで各ED治療薬と、そのジェネリックについて紹介してきましたが、バイアグラ、レビトラ、シアリスは全て日本国内で製造されており、病院に行けば簡単に入手が可能です。
ただ、カマグラやバリフ、タダシップといったジェネリックの値段を知ってしまうと、どうしても安価なジェネリックを利用したくなりますよね。バリフなどのジェネリック医薬品に関しては日本で販売承認がされていませんので、海外から個人輸入してくる必要があります。
日本で未承認の薬を個人輸入するということは、密輸のような感覚に陥ってしまいますが、実際は日本の薬事法で認められた正当な権利なので、安心して利用しましょう。

バリフなどを個人輸入する際は、個人輸入の代行サービスを利用する事になります。自分で個人輸入の手続きを行うのはあまりにも面倒なので、全て代行してもらいましょう。
個人輸入の代行通販なら普通の通販と同じ感覚でバリフを購入できますが、あくまで海外から輸入しているという事実を忘れてはなりません。海外からの個人輸入には気を付けなければいけない点があるからです。
まず、絶対に気を付けていただきたいのが、薬の譲渡や転売ができないという点です。個人輸入してきた薬を譲渡したり転売することは、日本国内の薬の流通を規制している薬事法に抵触することになります。この場合は刑事罰に問われてしまう可能性がありますので、必ず自分で使い切るようにしましょう。
また、この転売防止の観点から、バリフなどの薬を一度に輸入できる量は制限されています。加えて、海外からの発送になるので、商品の発送がどうしても遅れてしまいます。これらを考慮しながら計画的に注文するようにしましょう。